エステの体験脱毛がいまいちだったので自宅で脱毛しています。

私はヒゲが濃く、日々のヒゲ剃りが面倒になったため、脱毛することを検討していました。
たまたま家の近くのメンズエステで、体験ヒゲ脱毛を行って今いたので、試しに訪れてみました。
そのエステでは、しつこい営業などはなかったのですが、体験だったせいか500円玉1枚分くらいの面積しか脱毛をしてくれなかったため、円形脱毛症のように見えてしまいました。
脱毛箇所は、あごの下で前からは分かりにくい部分ですが、エステ脱毛がいまいちだと感じた私は、自宅でできる脱毛機器を購入しました。施術前に痛みに対する不安をスタッフに伝えたが、大丈夫と言われた受けてみたら痛すぎて泣いた

 

この脱毛機器は、ヒゲにも使えるため、大変便利で買ってよかったのですが、一点だけ悩ましいところがあります。

 

体の脱毛したい部分に、この機器のカートリッジをあて、光を照射するタイプなのですが、脱毛箇所をしっかり冷やした状態で行わないと、ひどい火傷や水ぶくれになったりするのです。
特に、あごから首の部分にかけては皮膚が薄くなっていますので、念入りに冷やしてからでないと、火傷になって何日も治らなかったりします。

 

ヒゲだけではなく、全身脱毛を行うことができる機器なのですが、あらかじめ体毛を剃って、ツルツルの状態にしてからでないと、光を照射してはいけません。

脱毛6
最初、このことを理解せず、体毛が残る部分に光を照射してしまったため、体毛が焦げてしまい、大変なことになった記憶があります。

また、陰毛が生えている部分は特にデリケートなところですので、脱毛する際には慎重な準備が求められます。

 

陰毛周辺は、皮膚の色素が濃くなっていることが多く、体の他の部分よりも、火傷する可能性が高くなっています。
大きめの保冷剤を使って、念入りに冷やしてから脱毛しないと、大変なことになります。
火傷というリスクはありますが、この家庭用脱毛機器は大変優秀で、かれこれ4年以上使用しています。
色々な脱毛エステがありますが、家でやる方が効率的であると感じています。

 

脱毛サロンのスタッフの雑談が嫌でした