施術前に痛みに対する不安をスタッフに伝えたが、大丈夫と言われた受けてみたら痛すぎて泣いた

私は男性ですが、脇・腕・足の脱毛はセルフ脱毛してます。
この辺りは毛は家庭用脱毛器でも処理できるんです。
ただ、髭はセルフ脱毛しても効果を感じられなかったので、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛をしてみました。
利用したのは地元の脱毛クリニックで、女性も男性も利用してる所です。
脱毛7

最初はカウンセリングの予約をしました。

 

施術コースや脱毛の事を色々聞きたかったからです。
一応自分でセルフ脱毛してて、ある程度の脱毛知識はありました。
それ故に髭脱毛時の痛みってすごいんじゃないかと不安をもっており、この事をスタッフに話しました。
対応してくれたのは女性スタッフです。
痛みはありますけど、耐えられないほどではないですし、他の男性もしてらっしゃいます、こんなことを言われたんですよね。

 

いくらスタッフとはいえ女性相手に痛いのは嫌だって言うのは恥ずかしいものです。

 

で、この時は初回限定の髭脱毛コースの施術を予約してから帰りました。
値段は髭全体してもらって18000円です。
してみて良かったら、5回セットコースで脱毛しようと思ってました。

 

で、いよいよ脱毛です。

 

前回とは違う男性スタッフが施術してくれたんですけど、最初は施術部分に透明のジェルみたいなのを塗ってました。
その後アイマスクのようなものをつけ、視界を遮られた状態にされました。

 

ここからが施術の本番です。

 

最初は痛みの少ないアゴのフェイスライン(アゴと揉み上げの中間部分)からしてくれました。この時は軽く指パッチンされるぐらいの痛みだったので十分我慢出来ました。
そのままアゴ下を脱毛しだしたんですが、ここで相当痛みました。
おそらく自分でしてたら、この時点で中断してましたね。それぐらい強烈でした。
最後に口周辺をしたんですが、これが痛すぎました。
特に鼻の下を施術しだしたら、痛すぎるのと刺激すると涙の出やすい部分ってこともあるんでしょう。
恥ずかしながら目から涙が出ました。
アゴぐらいまでは、いくら痛いとはいえ大の大人が「先生痛いです」とも言えず無言で耐えてました。
でも鼻下部分は恥ずかしげもなく、痛いですって連発してました。それぐらい痛かったんです。
まあ、痛いですって言ってもスタッフも中断するわけにはいきませんし、結局そのまま鼻下の施術をし終えました。
痛みに関しては個人差もあるんでしょうけど、私にとってはこれがトラウマになりましたね。

 

施術後の効果に関しては、この一回では髭の濃さにほぼ変化なしです。

 

肌トラブルに関してですが、最初の三日ぐらい肌がはれ上がってました。特に鼻の下とアゴが。
正直、マスク等で顔の下半分を隠すなり、数日休暇取れる時にするかした方が良いですね。
それと、後から大手の脱毛クリニックでは痛み対策に麻酔(別料金)を使ってくれるところもあると知って愕然となりました。
麻酔ありならしてみたいと思うものの、最初の脱毛体験がトラウマとなって今でも踏み切れずにいます。